向山歯科医院 TOP » 歯周病と糖尿病のこわい関係

歯周病と糖尿病のこわい関係

現在は、歯周病は糖尿病の合併症として位置づけられています。
糖尿病の患者さんが歯周病になっている割合は、血糖値が正常である人の約2.6倍とのデータもあります。

糖尿病は歯周病を悪化させ、重い歯周病があると血糖値のコントロールが困難になり、糖尿病を悪化させるという悪循環に陥る、非常にこわい関係です。

歯周病は、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、肺炎、早産などが発症しやすいと言われています。

一方、糖尿病は合併症として他に、網膜症、腎症、神経障害、狭心症、高血圧、白内障、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、肺炎などが起こります。

このように、歯周病が悪化することで病気になり、また、歯周病によって糖尿病が悪化し、他の合併症にも影響を与えてしまう可能性が高いので、口だけの問題ではなく、身体全体の病気と深い関係があることを知ることが重要です。

歯周病が糖尿病を悪化させる理由

歯周病の炎症がひどくなると、TNF-αというたんぱく質が血液中に増えます。
これはインスリンの働きを妨げてしまうため、血糖のコントロールができなくなり、糖尿病を悪化させてしまうのです。

糖尿病は血管に悪影響をする病気なので、血管がもろくなり、血液の流れも悪くなることで、抵抗力が弱くなり、歯周病原菌に感染しやすくなります。
また、糖尿病になると口が渇きやすくなり、唾液による浄化作用が低下してしまうため、歯周病原菌に感染しやすくなります。

そうするとまた歯周病が悪化し、これがTNF-αが増えて、糖尿病が悪化する悪循環が発生します。

このように、歯周病は糖尿病と密接な関係にあり、注意が必要です。

歯周病治療で血糖値が改善した例もありますので、歯周病が気になる方は、早めに歯科医の治療を受けてください。

向山歯科医院紹介

診療内容

・一般歯科・小児歯科・予防歯科・歯周歯科・ホワイトニング・入れ歯・障がい者(児)診療

診療時間

診療時間 平日9時~14時

・受付時間
 9:00~13:00/14:00~17:00(火・水)
・休診日/土・日・祝日

住所・連絡先
〒041-0843 函館市花園町20-7
TEL/FAX: 0138-53-3052 TEL/FAX:0138-53-3052

駐車場あり 地図はこちら
▲PAGE TOP